捨てられないなら他の誰かに!ネットでリサイクルして物に新たな命を吹き込む

欲しい物は人それぞれ!自分の不用品が他人には必需品かも?

使わない日用品は積極的にリサイクル

引き出物や内祝いなどで、自分の好みに合わない物をいただいた経験がある人は少なくありません。
タオルや食器などの日用品は、デザイン関係なく欲しがる人はたくさんいます。
いただきものを粗末にできない気持ちはわかりますが、ほこりをかぶるくらいなら手放すのが得策です。

おすすめは、インターネットで査定を比較してから買い取ってもらう方法です。
比べれば少しでも高く売れますし、出かけて行く必要がないので時間がない人も気軽に利用できます。

また、売りたいものが大量にあるなら、宅配や出張サービスに対応している業者を選べば問題ありません。
ただし、お祝い品などは個人名が入っている場合がありますので情報保護のために確認してください。

一見無価値な物を欲しがる人もいる

使い道がありそうな気がして何となくため込んでしまう人は、特に年配の女性に多いです。
捨てるには忍びないなら、欲しがっている人に使ってもらうのが一番です。

特に手芸が趣味の人は、捨てられてしまいがちな物を材料にして作品を生み出します。
洋服を捨てる際に外しておいたボタンや金具、あるいは端切れなども喜ばれます。
インターネットでそのような物を扱う業者を探して、生まれ変わらせてもらう方が物も幸せです。

中には、子どもの工作用にとアイスの棒やかまぼこの板などを欲しがる人もいます。
とにかく捨てるのが惜しくてとっておいているなら、必要とする人に譲ると無駄になりません。
環境にも優しいし喜んでもらえるし、まさしく一石二鳥です。


この記事をシェアする